のぼりはたくさん種類があるため、お店に合ったものを選ぼう

のぼりについての豆知識

のぼりの大きさは一種類だけではありません。置くのが困難な場所には小さなのぼり、目立たせたい場合は大きいのぼりと、さまざまな種類があります。

のぼりはたくさん種類があるため、お店に合ったものを選ぼう

のぼりと一言でいっても、一般的な店先にあるワンサイズだけではありません。

狭くて置くのが困難なところには小さなのぼり、目立たせたい場合は大きいのぼりと、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。

集客アップにつながるような、適切な大きさののぼりを設置してみましょう。

■のぼり関連ニュース記事■東京五輪パラPRへのぼり旗 伊東高城ケ崎分校生、14種考案|静岡新聞アットエス

▽主なのぼりの種類

・のぼり

幅600mm×高さ1800mmが一般的なのぼりの大きさになります。

どのような用途にも適しており最も広く使われています。

・スリムのぼり

幅450mm×高さ1800mmの縦長な印象を与えるのぼりです。

道幅が狭い商店街やロードサイドなど、置くスペースが限られているところに最適です。

・スリムショート

幅450mm×高さ1500mmの小さ目なのぼりです。

長さも控えめなため、屋内のショッピングモールや催事場におすすめです。

・ビッグのぼり

幅700mm×高さ2,100mmと通常ののぼりの役1.2倍です。

屋外のイベントなどで目立たせたい時に最適です。

大手飲食チェーンのロードサイド店でも使われています。

・セイルのぼり

上部のポールに取り付ける方を円形にカットした、帆船の帆のような形をしたのぼりです。

一風変わった形をしているため大変目立ちます。

また、のぼりの素材は「テトロンポンジ」というポリエステル100%でできていることがほとんどです。

屋内で使う場合は防炎加工もすることができるため、屋内で使用するなら防炎加工をおすすめします。

Copyright http://orlytaitzforussenate2012.com/ All Rights Reserved.