のぼりの効果的な使い方について学ぼう②

のぼりについての豆知識

屋外でのぼりを設置する場合、のぼり同士の距離だけでなく違う種類ののぼりを組み合わせたり建物の形状に合わせる等効果的に配置することが必要です。

のぼりの効果的な使い方について学ぼう②

屋外でのぼりを設置する場合は、のぼり同士の距離だけでなく違う種類ののぼりを組み合わせたり建物の形状に合わせるなど、効果的に配置することが必要です。

▽のぼりを置くときの配色

・一種類ののぼりを並べる

同じ種類ののぼりを並べるメリットは「統一感」です。

「新装開店」「ブランド・屋号の名前」などそのお店がいちばん伝えたい内容をメインに並べるといいでしょう。

・同列系色ののぼりを並べる

お店の名前とメニューなど、違った内容ののぼりを並べる際に同系列の色を使うと統一感が生まれます。

フォントやデザインを同じものにするとより統一感があります。

・違う色ののぼりを設置する場合

例えば「回転寿司」「SALE」など全く一緒の内容で違った色ののぼりを設置した場合どうなるでしょう。

色とりどりののぼりはカラフルさや華やかさを演出してくれます。

人目をひきたいときにおすすめです。

▽店舗の形状に合わせた配置方法

店舗の立地や駐車場の形に合わせてのぼりを配置することで、さらに視認性が高まります。

・縦型、おうぎ型…駐車場の奥に店舗がある場合は入口から店舗に向かって片方や両サイドに沿ってのぼりを置くのが基本です。

・横型…店舗が道路に面している場合、お店の形状に沿って横一列に配置するのが効果的です。

このように、効果的にのぼりを置くことで集客にも大きな差がでてきます。

客観的にのぼりを見てみて見やすいかどうかを自分で確かめてみるのもおすすめです。

Copyright http://orlytaitzforussenate2012.com/ All Rights Reserved.