のぼりの効果的な使い方について学ぼう①

のぼりについての豆知識

のぼりは、ただ置いているだけでは効果を発揮しません。置こうとしている場所に相応しい大きさや距離でのぼりを設置するようにしましょう。

のぼりの効果的な使い方について学ぼう①

のぼりは、ただ置いているだけでは効果を発揮しません。

せまいところに大きなのぼりを置いても、見づらかったり邪魔になったりして却って視認性が落ちてしまいます。

また、広いところに一つだけのぼりを置いてもポツンとした印象を与えてしまい集客に結びつかないでしょう。

置こうとしている場所に相応しいのぼりを設置するようにしましょう。

▽屋内でののぼりの使い方

屋内でのぼりを使うシチュエーションは意外と多いものです。

ショッピングモールのテナントや、デパートでの物産展などの催事、イベントホールなどでの展示会などでは来場者の呼び込みは必須です。

ですが、大きなのぼりを何本も立てるのは通行の妨げになりますし、他店の迷惑にもなりかねません。

もしのぼりを使う場合は、スリムショートの小さなのぼりを使うか、壁に直接のぼりを貼り付けて使うと目立たせることができます。

▽屋外でのぼりを使う場合の適切な距離

広い場所や大型店舗でのぼりを置く際も、実はルールがあるのをご存知でしょうか。

広い場所や国道沿いなどの店舗は、たくさんののぼりを等間隔で並べると車の中からでも視認性が高まります。

ドライバーの目にも通行人の目にも留まりやすい感覚は約1m80㎝です。

1m80㎝とは、昔から使われている尺貫法の一間(いっけん)に該当する距離になるのが面白いところ。

それよりも狭い感覚でのぼりを置くとごちゃごちゃした印象を与えてしまいますし、広い感覚だと寂しい印象になります。

Copyright http://orlytaitzforussenate2012.com/ All Rights Reserved.