のぼりは既製品?それともオリジナル?どっちがいい?

のぼりについての豆知識

既製品ののぼりのメリットは単価の安さです。オリジナルのぼりのメリットは、オリジナリティがあるため他店と差をつけられる点です。

のぼりは既製品?それともオリジナル?どっちがいい?

のぼりをお店に立ててみようと決心してみたはいいものの、既製品がいいかオリジナルで作ったほうがいいかで悩む方も多いです。

こちらでは、両方ののぼりについてメリット・デメリットを含めて紹介します。

▽既製品ののぼり

あらかじめ内容が印刷されたのぼり全般のことを指します。

その内容は豊富で、オーソドックスな「ラーメン」「カレー」「生パスタ」「タピオカ」といったような飲食店向けのものもあれば、「SALE」「新規オープン」「〇〇募集」「好評分譲中」といったようなお店や展示場からのメッセージを表すものまで種類はさまざまです。

既製品ののぼりのメリットは単価の安さです。

1枚単位でも買えますが、枚数を多く買えば買うほど1枚当たりの単価は安くなります。

また業者からネット販売する場合は、在庫があれば2~3日で届くため急いでいる人は既製品の登りを注文しましょう。

デメリットとしては、やはり既製品のため他店と被ることです。

〇店頭にのぼりを立てているラーメン店の紹介記事…https://mall.373news.com/felia/?p=194804(Felia! フェリア 南日本新聞提供のサイトに飛びます)

▽オリジナルのぼり

色や文面、イラストなどすべてのデザインを自分で考えて作成されたのぼりを指します。

デザインに自信がある人はillustratorなどのソフトで作った画像を入稿することもできますし、業者のサイトによっては専用フォーマットがあるためスマホからもデザインが可能です。

メリットはオリジナリティがあるため他店と差をつけられる点です。

デメリットとしては、料金が高めなことと、納期が既製品よりもかかってしまうことです。

Copyright http://orlytaitzforussenate2012.com/ All Rights Reserved.