一人だって楽しい!ソロツーリングの魅力と注意点

バイクは複数でも一人でも全く問題なく楽しめます。

また、ソロとマスでは、楽しみの種類が違うので、住み分けがしっかりしています。

今回はソロツーリングの醍醐味と注意点を紹介してきます!

62306566f6a6800d9b583c05c8c4133b_s

ソロツーリングの醍醐味

これは何と言っても着の身着のまま自分の好きな所に行き、好きなだけ走る。

この一点に付きます。

これは他の人のペースを考慮しなければいけないマスツーリングにはない楽しみです。

ソロツーリングは、ある意味で本当の自由を求める事か出来ます。

ですので、私のおすすめは行き先は1つだけ決めて次の行き先は、現地で考えるのがおすすめです!

行きたくなる様な目的地は意外にも、密集していたりします。

次の目的地を決めたら、そこまで行き、そこで更に次の目的地を決める!

これは普段の生活では、まず体験する事が出来ないソロツーリングの特権です。

家で行き先を悩んでいるなら是非、目的地を決めないソロツーリングを実行して下さい!

ソロツーリングの注意点

自由なソロツーリングにも当然注意点があります。

 1 帰宅時間 

行きたい所に行って、そろそろ帰ろうと思ってナビで自宅までのルートを調べてみたら、かなり時間がかかる。

こんな事は珍しいことではありません。

行きたい所に行く余り、どんどんと奥に入って行ってしまったのです。

そこから戻るとなると恐ろしい距離を走る事になってしまいます。

ですので、15時を過ぎたあたりから帰宅の事を考える様にしましょう。

 2 スピード超過 

motorcycle-175589_640

スピード超過を注意するのは、ツーリング全般に言える事です。

しかしソロツーリングは、とりわけカーブ手前の減速をしっかり行って下さい。

なぜならソロツーリングは、他の人のペースを気にする必要がない為、ペースが上がりがちです。

そうなるとカープ手前の減速を怠り、曲がり出してから「しまった!」となってしまうのです。

しかしバイクはカーブ手前の減速が遅れるとガードレールに一直線です。

つまり手遅れなのです。

ですので、カーブ手前は確実に曲がれる速度まで減速する事を肝に命じてください。

 3 ガソリン

奥地に入って行けば行くほどガソリンスタンドが減ります。

まだ大丈夫と、給油できる時にしておかないと、手遅れになります。

ですので、ガソリンスタンドはあればその都度給油する位の気持ちでいましょう。

いかがでしたか?

ソロツーリングには唯一無二の楽しさがあります。

注意点を守れば、後は存分に満喫するだけです!

是非お試しあれ!

コメント投稿は締め切りました。