最高のマスツーリングを楽しむ為の注意点

バイクのマスツーリング(複数でのツーリング)は非常に楽しいですよね。

ワイワイ楽しく走るのも、バイクの魅力のひとつです!

前日は、まるで遠足の前の様にワクワクして眠れないなんて事も珍しくないのでは?

そんなマスツーリングを台無しにしない為に注意するべき点を紹介していきたいと思います。

20e9ee7c2a6740f35a5636981c262edf_s

注意1 ペースが遅い人にしっかり合わせる

マスツーリングは複数人のライダーが参加するので、バイクの運転技術にも差が出ます。

そこで大切なのが遅い人にしっかりペースを合わせる事なのです。

バイクは、恐怖心で上半身が硬直すると、ハンドルが切れず、曲がれるカーブも曲がれません。

ですので、各々の許容範囲を超えたスピードを出すのは、例えそれが、制限速度内でも危険なのです。

先頭と最後尾を技術の高い人に走ってもらい、全員が安心して走れる速度で走行しましょう。

2 走るときはジグザグに並んで走る

縦一列に並んで走ると、お互いのミラーの死角にスッポリ収まってしまいます。

そうなると、ペースの差を掴めなかったり、何よりお互いの死角に入る事自体が危険です。

ただし例外かあります。

それは、峠道などのコーナーが連発する道です。

この場合は縦一列に並び、しっかりと車間距離を開けて走行しましょう。

3 スピード超過

大勢でワイワイ走っていると疎かになりがちなのが、スピードです。

スピード超過は先ほど紹介した危険も含めて非常に多くのリスクが存在します。

まずバイクという乗り物は、減速が四輪車に比べて苦手です。

バイクはブレーキをかけた状態ではコントロール性が著しく低下します。

つまり、スピードを出しすぎて、「危ない!」と思って、ブレーキを掛けても、手遅れの可能性が高いのです。

最悪の場合は、フロントタイヤが滑って転倒してしまいます。

そうなるとせっかくのマスツーリングは、最悪の結果で幕を閉じてしまいます。そうならない為にも、マスツーリングでは一層スピード超過を警戒しましょう。

4 休憩はこまめに!

58a4c94a5c0e0487503d34a1269faf27_s

マスツーリングは良くも悪くも集団のペースで走るので、自分のペースで走れないのです。

それはメリットでもありデメリットでもあるのですが、ソロツーリングよりも疲労が溜まるのも間違いありません。

ですから休憩はしっかりとりましょう!

また、マスツーリングにおいて休憩も一つの魅力です。

道の駅によって美味しいソフトクリームでも食べなから雑談するのも非常に楽しいですよ!

6cc5ad706d8906acea076df73a256f5f_s

以上マスツーリングの注意点4点でした!

安全をしっかり確保して最高のマスツーリングを満喫しましょう!

コメント投稿は締め切りました。