痒いとこに手が届く!持っていると便利なツーリングアイテム8選!

1. 各社ガソリンスタンドの電子マネー

厳密に言うと、鍵に付属できるキーホルダータイプのICチップです。

QUICPayやイージーペイ等のクレジットカードと連動させるタイプが一般的です。

これがあると、バイク特有の支払いの煩わしさから解放されます。

ガソリンを入れる時に、いちいち手袋を外して、財布を取り出して、お金を払ってお釣りを財布に入れて、戻す。

正直面倒くさいですよね。

そんな時に、これを持っているとタッチするだけで給油と支払いが出来ます!

当然手袋も外す必要はありません。

2 ETC

290b52c657fd6ae3892774f1287b1e29_s

バイクにこそETCは、必要だと私は考えています。

理由は1と一緒です。

加えて高速道路の支払いに手こずると、後続車が詰まってしまいます。

仕方がないと分かっていても、妙に焦ってしまいますよね。

ですので、スムーズに料金所を通過する為にも装備しておいて損はないと言えます。

3 USB電源

ロングツーリングは勿論ですが、日帰りの際にスマホのナビを使うならば絶対必須のアイテムです。

特に冬場は、バッテリーの消耗が激しいので、USB電源で充電しておかないと、スマホによっては30分と持たない事もあります。

スマホは、ナビに使わないにしても、事故を起こした際の重要な連絡手段ですので、その点からもスマホを充電しながら走れる、USB電源はほぼ必須ですね。

4 ピンロックシート

これはヘルメットシールドの内側に装着するシリコン製のシートです。

何の役割があるのかと言えば、圧倒的にシールドが曇らなくなります。

ピンロックシートを使っていれば、シールドを閉めて、思い切り息を吐いても曇りません。

着けて損をする事はないです。

また、値段も比較的安価なので、是非お試しください!

5 リアボックス

リアボックスの特徴は圧倒的な利便性です。

一度使うと戻れないです笑

リアバックやサイドバックも積載量なら負けていないのですが、鍵を掛けれない事や、防水性が無い点がネックです。

しかし、リアボックスならば、防水、セキュリティ、積載の三拍子が揃っています。

日常使いでも、ツーリングでも、シチュエーションを選ばずに利便性を発揮してくれます!

6 インカム

複数でツーリングに行く時、インカムが無いと、信号待ちでしかトークをするタイミングがありません。

でもインカムがあれば、走行中もワイワイトークが出来るので、ツーリングの充実度は桁違いです。

また、ソロツーリングの時もスマホ等と、Bluetooth接続で音楽を聴きながら走れるので、やはり充実度が違います。

7 予備のブレーキ、クラッチレバー

これは結構大切です。

出先で立ちゴケ等で、レバー(特にクラッチ)が折れてしまった場合、自走不可になりレッカーを呼ぶ事になってしまいます。

その際に予備を持っておけば自走で帰る事も可能になるのです。

8 レバー交換用の工具

bb6e11f8e0cba52c6e0f8e14e942d488_s

車種によって必要な工具は異なりますが、大概は、六角レンチとマイナスドライバーが必要です。

車載工具に付属してる場合もあるので確認してみて下さい!

予備レバーも含めて、そこまで容量を圧迫しないので、常時、シート下等に入れておく事をおすすめします。

コメント投稿は締め切りました。