バイクツーリングに適した服装とは?季節毎のポイントを紹介

vehicle-1262249_640

バイクに乗る際の服装はどうしたら良いの?そう思う方は多いです。

今回は季節ごとに快適な服装を選ぶポイントを紹介していきますね。

前提として胸部プロテクターを季節関係なく装着しましょう。

胸は頭に次いで致命傷を負いやすい箇所です。

殆どのバイク用のライディングジャケットは、胸部のプロテクションに対応しています。

ですのでライディングジャケットの着用を前提として、その下に何を着るかで快適性を追求する。

今回はそんなテーマで記事を書いて行きます。

その上で読んで頂ければと思います。

春/秋

この季節は温度の差が激しいです。

夏用のメッシュジャケットを使うか、冬用のジャケットを使うか、悩みますよね。

結論として夏用のメッシュジャケットの下に気温に合わせた服を着て、対応すると良いです。

今日は少し寒いと思ったらヒートテックを下に着てメッシュジャケットを着用する。

少し暑いなと感じたら速乾性のある下着と長袖で、上からメッシュジャケットといった具合です。

また、峠道などの気温の変化が激しい場所に行く際は、パーカーを1枚羽織って行きましょう。

そうすれば、寒暖差には、夏用のメッシュジャケットでも対応できます。

春秋は、バイク乗りにとっては1番気持ちの良い季節なので季節の変わり目を満喫して下さいね!

バイク乗りにとって夏は鬼門です。

渋滞に巻き込まれてしまった暁にはバイクの上で焼かれる思いをします。

太陽光はもちろん、エンジンとアスファルトの照り返しで上下から熱されます。

そんな時に大切なのは、汗をしっかり蒸発させる事です。

ですので、通気性の良いメッシュ素材のバイクジャケットを選びましょう。

下着は速乾性のあるシャツを着ましょう。

意外かもしれませんが、半袖一枚で上からメッシュジャケットを着るよりも、速乾性に優れた下着と半袖とメッシュジャケットの組み合わせの方が涼しいです。

下着と肌の間は1番蒸れやすく熱がこもりやすいです。

ですので、速乾性素材の下着を着用すれば、それだけでも快適になります。

夏場は、いかに通気性を確保するかが最重要課題です。

もちろん水分補給もお忘れなく!

冬場は流石にメッシュジャケットでは厳しいです。

冬用のバイクジャケットを着用しましょう。

個人的な考えですが、冬はプロテクションと防寒は、分けて考えた方が良いです。

つまり、バイクジャケットの下に普段使っているダウンジャケット等を併用するのです。

1番大切なのは首回りの防寒です。

寒そうにしているライダーを見ると、首回りがむき出しの方が多いです。

厚手のネックウォーマー等ををジャケットの襟と、ヘルメットのチークピースの下に噛ませる様に着用しましょう。

これだけで、防寒性に雲泥の差か出ます。

首には大量の血液が流れていますので、ここを温める事が出来れば、暖かい血液が全身を回って体温を維持する事ができます!

第二に下半身の防寒です。

私のおすすめは、タイツと厚手のジーンズです。

更に靴下を2枚重ねて履けばかなり暖かいです。

気温の変化は工夫次第でどうとでもなります。

暑いから寒いからとバイクに乗らないのは、とても損な事だと個人的には思います。

気温に負けずにバイクを全力で楽しみましょう!

コメント投稿は締め切りました。